ボーイスカウトとは?

健全な青少年育成のための世界的な運動です。

 生命を尊重する心、仲間と話し合って協力する心、モラルや正義感、自然や美しいものに感動する心などが子どもたちの「生きる力」の基礎となります。
 少年期、青年期の問題が社会の関心と注目を集めている今、子どもたちをよりよい方向に導いていくために、地域社会の教育力に目が向けられています。
 このような状況の中で、ボーイスカウトの果たす役割はきわめて大きく、私たちは、社会の期待に応える責任と使命があると考えています。
 社会奉仕活動や、自然の中での体験などを多く取り入れた、ボーイスカウトの様々な活動をとおして、青少年の、健全な心と体の育成に貢献したいと、私たちは、強く願っています。 

ボーイスカウト運動は、小さなキャンプから始まりました。


 ボーイスカウトは、健やかな子どもを育成する世界的な運動です。この運動は、1907 年イギリスのブラウンシー島で行われた小さなキャンプからスタートしました。かねてから少年たちの教育に大きな関心を持ち、このキャンプを主宰したイギリスの退役将軍ロバート・ベーデン- パウエル卿は、インドや南アフリカでの体験をもとにさまざまな野外教育を通じて、少年たちが男らしさを身につけ、将来社会に役立つ人間に成長することを願い、20 人の子どもたちとともに実験キャンプを行いました。
 このキャンプの体験をもとに、翌年「スカウティング・フォア・ボーイズ」という本を著し、少年たちの旺盛な冒険心や好奇心をキャンプ生活や自然観察、グループでのゲームなどの中で発揮させ、「遊び」を通して少年たちに自立心や、協調性、リーダーシップを身につけさせようとしました。これがボーイスカウト運動の始まりです。
 
 

野外生活を中心に、いろいろなことを学びます。

 
 スカウト活動は野外活動、特にキャンプ生活を通して、自然を学び、友情や協調の精神を育むことが中心です。
 普段は、休日などに集まって、テント張りや炊事などキャンプの基本を勉強します。長期キャンプは夏休みに行ないます。
 また、低学年のスカウトは、工作やゲーム、演劇などの活動が多くなります。
 そして、高学年のスカウトは、環境教育や国際理解・国際協力のプログラムを積極的に展開しており国連の諸機関、特に国連難民高等弁務官事務所と協力して世界各国の難民支援活動も行っています。
 

ボーイスカウト日本連盟での紹介

公益財団法人ボーイスカウト日本連盟のホームページにて、詳しい紹介をしています。
興味をもたれた方は、日本連盟の特設サイトもご覧ください。

 

東京でボーイスカウトをしたくなった方へ。

ボーイスカウト東京連盟事務局へ電話してみましょう。お近くの団をご紹介します。

電話 03-3868-2351
  • 個人情報の取扱について
    • 情報の使用目的について
      • ご提供いただく個人情報は、日本ボーイスカウト東京連盟事務局が団案内をご希望になる皆様へ、お近くの団を紹介するための調査のみに使用させていただきます。
    • 情報の保管について
      • 電話にていただいた個人情報は、紙媒体などによる記録はいたしません。
    • 情報の開示について
      • 下記の場合を除き、ご回答いただいた方の同意なく個人情報を第三者に開示することはありません。
        • 司法機関または行政機関から法的義務を伴う要請を受けた場合。